1. HOME
  2. ブログ
  3. ウェルネスに特化したレジデンシャルコミュニティ開発

ウェルネスに特化したレジデンシャルコミュニティ開発

Tri Vananda完成イメージ

クラス最高水準の健康及びウェルネスに関するアメニティを幅広く取り揃え、居住者やゲストに対し、テーラーメイドのプログラムを提供します。コンサルテーションルームから、理学療法&中国伝統医療ルーム、認知機能専門センター、健診用設備まで様々な機能を備えた「ヘルスセンター」のほか、屋内ホールと屋外エリアで瞑想を実践できる「マインドフルネスセンター」、「スパ」、「フィットネスセンター」など、多彩なウェルネス施設を湖岸に建設します。スパは、男女別のサーマルルーム、リラクゼーションエリア、ハマム(トルコスタイルスチームバス)、プライベート・スパスイートを完備し、フィットネスセンターは、ジム、50メートルのプール、サウナ、ジュースバー、さらに、湖でウォータースポーツを楽しむための桟橋も設置します。そして、ティーンとプレティーンたちがウェルネスライフを学ぶことが出来るクラブも計画されています。

2~3ベッドルームのレジデンシャル・ヴィラは、270~750平方メートルの広さを有し、太陽光エネルギーを利用します。建築デザインは、自然を重視したアプローチで高い評価を受ける設計事務所、Habita Architects(ハビタ・アーキテクツ)が、Arsom Silp Institute of the Arts(アーソムシン美術学校)と共同で手がけます。両者はいずれも、タイ王国よりナショナル・アーティストの表彰を受けたユネスコ認定の建築家が率いています。そして、タイを代表する著名なP49 Deesign(P49ディーサイン)が内装デザインを手がけます。ヴィラの販売は、2020年7月に開始予定です。

MHGのCEO、キッティサック・パッタマセヴィは、次のように述べています。「Tri Vanandaは、将来を見据えた、ウェルネス、サステナビリティ、ホスピタリティの原則に基づくライフスタイルに根差した多世代コミュニティになるでしょう。きれいな空気や自然など、重要かつ最もファンダメンタルな要素が、都会では急速に失われている中、Tri Vanandaの居住者及びゲストは、総合的なウェルビーイングのために必要な要素が揃った環境の中で、実績のある健康とウェルネスのためのセラピーやプログラムを存分にお楽しみいただけます。」

About Montara Hospitality
パッタマセヴィ家が所有するモンタラ・ホスピタリティー・グループは、プーケット島に位置する世界的に有名なラグジュアリーリゾート「Trisara(トリサラ)」のオーナーであり、開発も手がけました。トリサラ内の、2年連続でミシュランの一つ星を獲得したレストラン「PRU(プル)」とミシュランプレートに掲載された「Seafood (シーフード)」、さらにバンコクの有名なタイ料理レストラン「Praya Dining(プラヤ・ダイニング)」も所有・運営しています。同グループ は、経験豊富なホテリエから構成されるチームと共に、ホスピタリティ領域に於けるクラス最高のプラットフォームに投資しています。プラットフォームは、投資家、旅行愛好家、革新的なホテリエを結びつける重要な役割を果たします。モンタラのプロパティには、プーケットで最もエクスクルーシブなプールヴィラのビーチフロントリゾート「Trisara」、バンコクのリバーサイドで唯一のイタリア邸宅スタイルのブティックホテル「Praya Palazzo(プラヤ パラッツォ)」、シーロムの旧映画館をホテルに改装したイノベーティブなホテル「Prince Theatre Heritage Stay(プリンス シアター ヘリテージ ステイ)」が含まれます。モンタラに関する詳細はwww.montarahospitality.comをご覧ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

»